Browse Category by 通信制高校
通信制高校

通信制高校の勉強方法は?

出典:イラストAC

こんにちは!柚木です。

通信制高校と全日制高校の違いは前回ので簡単にわかってくれたと思います。

今回は、通信制高校の勉強方法について詳しく解説します。

通信制高校の勉強方法

通信制高校の勉強の基本は「自宅学習」です。

家で勉強をし、レポートを書いて、それを高校に郵送するか、直接持っていく事で勉強をしていきます。

ただ、在籍中ずっと自宅学習というわけではありません。

基本的にはスクーリングというものがあり、週に何回か又は、年に何回かは高校に通わないといけない日があります。

学校によってバラバラですが、一般的には週に2回からの所が多いですかね。

スクーリングでは、授業を受けたり、進捗の確認をする事になります。

勉強をしていて不明な点があった時は、この時に聞くこともできます。

スクーリングを受けることで単位の取得になるので、必ず通学しないといけなくなります。

なので、メインは自宅学習とスクーリングで勉強をし、単位取得の為にテストを受けていく事で勉強を進めていく事になります。

通信制高校の場合は単位を取得する事で卒業を目指しますが、学年という概念はありません。

なので、1年経ったら2年生に昇級するといった事がありません。その為、留年もありません。

3年間同じように勉強を続けて、74単位を取得すれば卒業する事ができます。

通信制高校

通信制高校と全日制高校の違いってなに?

出典元:イラストAC

はじめまして!

今日から通信制高校に関しての情報を書いていこうと思います、柚木です。よろしくお願いします。

さて、早速ですが、通信制高校は全日制高校とどういうところが違うのか、わからない人も多いんじゃないでしょうか?

今回は通信制高校と全日制高校の違いから説明していきますね。

全日制高校と通信制高校の違い

まず、全日制高校は、基本学校指定の制服を着て、毎日登校して勉強をするのが普通です。

ですが、通信制高校は、毎日学校に行く必要はありません。

ただ、一切学校に行かないというわけでもありません。

スクーリングと言われるものがあり、週に1回程度から学校に行きます。

学習の進行状況などを確認する意味もありますし、学習の方向を決める意味もあります。

学校によっては週ではなく月に数回となっている所もありますので、通う日数は高校次第です。

次に、基本的には制服がありません。高校に行くときも制服を着ていく必要がなく、私服がほとんどです。

なので、服装の自由というのがあります。

さらに、全日制高校には偏差値というものがありますね。

学力を図る指数として用いられていますけど、通信制高校には、偏差値というものがありません。

全日制高校とは違い、落とす為ではなく、受け入れるために試験が行われるので不要なのです。

自分の今の学力を図る場合は通信制高校以外の所で試験を受ける必要があります。

何にしても自由に勉強ができるのが通信制高校の良さです。

次からはもっと詳しく解説していきますね!