Browse Month by 1月 2020
通信制高校

通信制高校のレポートとは?

出典:イラストAC

こんにちは!柚木です。

通信制高校の勉強法はレポートと前に書いたと思いますが、実際どういう内容のものなのか、通ったことがない人は知らないと思います。

なので、今回はレポートに関して紹介していこうと思います。

通信制高校のレポートって?

通信制高校のレポートは、基本的には教科書に沿って作られています。

なので、教科書をしっかりとこなしていけば簡単に作成することができます。

レポートの内容は、基本的には穴埋め問題のようになっていることが多いです。

穴埋めでない場合は、教科書の内容から要約するような記述式になっていることがほとんどです。

サポートは、1枚で1単位分になることもありますが、科目によっては3枚で1単位としている物もあります。

なので、科目によって必要なレポートの枚数は変わってくるのです。

ちなみにレポートの平均的は3枚で1単位となっています。

ここにスクーリングやテストの単位が加わってきます。

レポートの作成の流れは、

1:課題範囲を学習する

2:サポートを作成して提出する

3:添削されて返ってきたら再度学習して送る

を繰り返し、最終的に合格がもらえたら1枚完成となります。

これを最低3年間続けていくことになります。

気が遠くなりそうですが、レポート自体の作成は大体1時間程度で終わりますし、1日1枚やっていけば1年で十分単位取得に必要な枚数ができます。

なので、根気強く続けることができるのであれば、通信制高校の勉強に関しては問題ないでしょう。