Browse Month by 3月 2020
通信制高校

通信制高校のスクーリングって何?

出典元:イラストAC

こんにちは!柚木です。

通信制高校は、自宅学習がメインになるので、全日制高校のように毎日学校に通う必要がありません。

ただ、卒業まで通学が必要ないというわけではありません。

通信制高校といえど、学校に通学する日数や回数は決まっています。

それがスクーリングと言われるものです。

スクーリングは、「対面授業」と言われていて、学校によっては「面接授業」といわれることもあります。

全日制の学校は学年制というものを採用しているので、毎日登校して授業を受けますが、通信制高校の場合は単位制を採用しています。

単位制は毎日登校しない代わりにレポートの提出、スクーリングへの出席、テストの3つをクリアしていきます。

では、通信制高校のスクーリングでは何をするのか、何回通わないといけないのかなど紹介したいと思います。

スクーリングの回数は?

スクーリングの回数は、学校によって異なりますが、一般的には以下のどれかが多いです。

・週1回~
・月1、2回程度
・1年で20回程度
・年数回(3泊4日)

ただ、最近の私立の通信制高校には、週3日~週5日の通学などありますので、一概に上記のどれかに当てはまるというわけではありません。

スクーリングで行う内容は?

通信制高校のスクーリングでは、座学の他にも自宅学習ではできないような実践的な授業なども行われます。

また、自宅学習をしている際に不明点があった時は、スクーリングの際に質問をすることで教えてもらうことができます。

授業は学校にもよりますが、あまり踏み込んだような高いレベルの授業は行われません。

基礎的な学習がメインとなるので、踏み込んだ質問は先生に個人的に聞いていくことで教えてもらうことができます。

スクーリングを少なくしたい場合は?

学校に通うのが苦手で、できれば通いたくない人もいると思います。

そういった人の場合、定期的なスクーリングへの参加は結構苦痛になってしまうこともあるでしょう。

しかしながら、基本的にスクーリングをゼロにすることはできません。

スクーリングは単位を取得するためには必須になりますので、多かれ少なかれ通うことが必要になります。

でも、どうしても少なくしたいと思う人もいることでしょう。

スクーリングを極力減らしたいなら、集中スクーリングを実施している学校を選ぶと良いでしょう。

集中スクーリングは、年に1回~2回程度行われることが一般的で、3泊4日程度で寝泊まりをしながら学習を進めていく方法です。

この方法であれば普段は自宅で学習を進めていき、スクーリングへの出席の時だけ学校に行くことができるので、負担を減らすことができます。

また、その他の方法としましては、家庭教師やネット学習メインの学校を選択すると良いでしょう。

家庭教師として先生が自宅にきて授業をしてくれるのであれば学校に通う必要はないので負担は減らせるでしょう。

なお、ネット学習メインの場合は、動画授業等に参加することでスクーリングへの出席と同じように単位をもらえる学校もあります。

そういった学校であれば、無理に通学しなくても単位をしっかりと取得することができます。

その他に通信制高校の事で知りたいことや不明点等がある場合、お勧めのサイトがあるので紹介しておきますね。

それがコレスポというサイトです。

通信制高校に関する情報が満載で、地域別でおすすめの通信制高校も紹介していますので、あなたの住んでいる地域で通信制高校を必ず見つけることができます。

今回紹介したスクーリングに関する情報も詳しく載っているので、是非読んでみてくださいね。